宇宙人レア番外編

おばさんのつぶやき  その37

生きるのが、楽になった理由、
やっぱりなんといっても、

身体の調子がいいことかな。 

子どもたちが小さいころは、
なんだかんだ病院に駆け込んだり、
なんかいいものはないかと、
ドラッグストアをうろうろしてた。

私は肩こりで週末には気持ち悪くなるし、
鼻炎で、年中ティッシュが手放せなかった。

どこか具合が悪くても、
いつものもことだから、普通で、
自分のことを健康だと思ってた。

病気を治してくれるのは、
クスリやお医者さまだと思ってた。
 

ほんとうはね、自分の身体は、
自分で治してるんだよ。

いつもいつも新しい細胞が生まれて、
とどまっているものなんかないんだよ。

ルンルン楽しい時は、階段を平気で駆け上がれるように、
自分の身体も、自分の意識でつくってるんだよ。
 

なんだって、変わらないものはない。
思った通りになるんだよ。
 

ほらね、楽になったでしょう(^^)
 
 
 無題

 
 

**2015.7.2**