宇宙人レア番外編

おばさんのつぶやき  その49

美しい空、美しい海、美しい人、美しい絵…
「美しい」と感じる基準は人によって違ったとしても、
美しいものはみんな大好きであこがれ、感動する。
 

「美しい」という漢字の由来を教えてもらいました。

「美」には「羊」が入っているよね。
ほんと、羊! なんで!?

羊は弱い動物なので、群れを作って行動する。
狼に狙われたら、さあ、たいへん!
その時、群れの中で1番強い羊が、たった1匹で狼に立ち向かうんだって!
もちろん、勝てるわけがない…その羊は狼に食べられてしまいます。
でもその間に、2番目に強い羊が、群れを安全な所に誘導するんだって。

1番強い羊の、あまりにも潔い行動、それに感動し、
「美しい」という漢字ができたんだって。
 

「美しい」って、目に見えることばかり考えてしまっていたけど、
「行動が美しい」だったんだ。

羊にとっては、自己犠牲なんていう感覚はないのかもしれない。
「自分」っていう枠に、こんなに囚われているのは、
人間だけかもしれない。
どこまでが自分なのか、人間はきっちり境界線を引いているけど、
羊にとっての境界線は、人間が考えているものとは違うかもしれない。
人間の脳は別々の羊って認識するけど、
羊にとっては、もっと大きなくくり、
もしかしたら、動きだけがすべてなのかもしれない。
人間にも、羊の本能はあるはずだから、
この潔い行動に感動するのかな。
 

目に見えるものだけが美しいわけじゃない。
本当に美しいものは、
自分の枠なんてちっぽけなものを越えた、動きなのかもしれないね。

DOC160107

 

**2016.1.7**